踵骨骨折(かかと)2023/11/20(月)-1日目

初めての骨折

人生初めての骨折を沖縄でやってしまいました。2023/11/20

34歳東京一人暮らし地元は愛知県。Tにしましょうか名前は。

骨折に至るまでのストーリーや今の現状など包み隠さずお話ししていこうと思います!

骨折から21日目の夜に書いている。過去を遡り現状を書いていこうと思います。

【骨折で悩んでいる人、これを見て共感してくれて何かの為になっていただき自分一人だけじゃないと元気になっていただけたら幸いです】

表参道でDJ終わりにそのまま羽田に行き久しぶりの沖縄で気分は上がっておりました。

友達と空港で合流し「ギリギリじゃーん」なんてたわいもない会話をしながら寝ていたらすぐ沖縄に到着しました。

“Agaitida Okinawa”という沖縄の北、ヤンバルで行われている四つ打ちの野外Festivalに行きました。

評判通り素晴らしく自分のParty Lifeに刻まれる体験、経験でした。(その後こんな事になるとは、、、

3日間のPartyも終わり「最高だったねー」なんて話しながら近くのバンガローにて延泊。

朝に起きて今日帰るえーちゃんとオンチパパに乗せてもらい那覇方面へ車を走らせる。途中の古民家カフェで

昼食をとり、「こんな家住んでゆるーく生活したいよね」なんて願望を思い浮かべながら

美味しいソーキそばの定食をいただきました。美味しかったです❤︎

うるま市周辺です。

神社へ行きお参りをし、1件目に大吉を引き気分はより高まる。

2軒目の神社も空気が変わるのを感じる程パワーがある神社でした。

パワーを蓄え、久しぶりの沖縄、最高のParty、何か一つまたレベルアップをした様な気分でした。

堤防から眺める海はより輝いて見え、思い出作りに一発飛び込むかと年に数回ある少年モードが甦りました。

高さは約6mくらいでしょうか。「よし、飛び込みますわー」と言って少し海の浅さを感じたものの勢いで飛び込んだ瞬間

「やば!!」と感じるものがありました。左足を思いっきりつき、左足動かねー。(気のせいだ捻挫くらいか。と心で念じておりました。

大人3人も「おおお凄い」「海気持ちい?」より前に「大丈夫か?」の声が聞こえてきたのを鮮明に覚えている。

陸に上がり肩を担がれ、どうする?救急車呼ぶ?二言返事の

「救急車呼んでほしい」と初めての救急車へ乗り込みました。(心情は頼む強い捻挫であってくれと願うばかりでした。

病院へ着くなり、二人はフライトの時間が迫る中病院まで来てくれて本当にありがとうございました。嬉かった!

結果は踵(かかと)の骨をひどく骨折。アキレス腱も切断かも?と聞き血の気が引いた。

しかし、不幸中の幸いだ。頭からダイブしていたら?両足突いていたら?と想像するとゾッとします。

簡単な処置を受けギブスを着けてもらい病院を後にした。

那覇観光も楽しみにしていた僕は事の重大さに発狂しそうになり泣きそうになりました。

先に那覇にいる友達(先輩)と連絡を取り一緒のホテルに宿泊。もう夜になっていた。

ホテルの方が車椅子を用意してくれて+無料でアップグレードしてくれてバリアフリーの部屋を用意してくれた。
感謝がこみあげる。

「やっちゃたねー」とAgaitida主催のゆうた君が部屋へ来てくれて談笑。心が安らぐ。

まー全治1ヶ月くらいでしょ「山羊座」休養が必要だ。のサインも出ていたしいい機会だとポジティブに考え

早めに眠りに着いた。   1日目骨折記録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!